FC2ブログ

ロリでオタでも

旧名・ロリでオタでも早稲田を目指す

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大音灯花との遭遇

今日は小学校の頃のクラス会でした。
実質、最後の娯楽となるわけです。
4月からは本格始動ですのでね。
ニコニコ、ネットサーフィン、SNS……etc。遊びは一切断ちますよ。
ん?ああ心配なさらずに、今さら5月からとかそんな事は言い出しませんよ。
きっちり4月。明日からキチンとやりますよ。
いくら明日後輩に会うからって、ねぇ
勉強しないわけないじゃないですか、あははは

と、話は戻してクラス会です。
まあ、元来人と話すのが苦手な内気君の僕には、正直ツラいイベントでした。
男子だけならまだいいですよ。
でもね、女子もいるんです。当然の事ながらね。

そうなると、男子校出身者の僕にとっちゃあ、ますますヤバい。
人と会うのが苦手な上に、その中に女子がいる。
まあ、人によっちゃこれをチャンスと取るかもしれませんけど。
僕は、6年間を通し同世代の異性と話した分数が3時間に満たないくらいですから
好機と思うより恐怖を感じる方が大きいんですよ……

で、そこで登場するのが……

THE・エロゲ

おいおい嘘だろ、と思うかも知れませんけど。
どういうわけか、エロゲをやるとテンションが上がるのですよ。
というのか、感覚が麻痺するというのかなー
現実意識が薄くなるんですね、うむうむ。
それで結果としてハイになるというわけです。
まあ、こういうこと言うのは本意じゃないですけどね。
僕のこの感覚からわかる通り、犯罪心理とエロゲは関係がないとは言い切れないと思います……

ということで、早速『車輪の国、向日葵の少女』をプレイ。
昨日の時点で2章は終わっているので、3章へ。
可愛い可愛い大音灯花ルートです。
舌っ足らずな声で飛ばす『ぶっ殺すぞ!』という罵声。
Mな僕にゃもうたまらんですたい。
それに加えて、貧乳、ツンデレ、幼児体型、ドジッ子、羞恥心強。
ああもう、ど真ん中ストレートですよ。
灯火を画面から引っ張り出して、お嫁さんにしたいくらいです。

と、ハアハア言いながら、プレイすること3時間。
テンションは限りなくハイ。
今なら熊でも海老沼でも倒せそうな気分になったところで、集合場所へ。



それからのことは、書くと余計な事ばかり話そうなので、簡潔に言いますと。

大音灯花っぽいのがいた。

驚いたよ、驚いた。
天然ロリータをみちまったんだよ。
あんなの画面上の中の想像の産物だと思っていたんだ。
18歳で小学生に見間違えるような容姿を持つ人間なんているわけがない。
そう思ったんだ。いや、思ってたんだ。
でも、でもたしかにいたんだよ。見たんだ。
この目で、まさに大音灯花を見たんだ。

いくら僕だって、二次元と三次元を倒錯させてしまうほど頭がいっちゃいない。
そりゃだから大音灯花ってのも、もちろんたとえ話だけど。
でも、でもね。
二次元のキャラを三次元に引き出したら、こんなんじゃないんかなぁ
っていう、僕の脳内イメージに見事に一致しちまったんだよ。
貧乳、舌っ足らずな声。ちっさい背。
ツンデレ……かどうかは知らないけど。
そいつは、まさに大音灯花そのものだったんだよ。

もうふと目にした瞬間にクラリ、ときましたね。
これがいわゆる一目惚れか、ってね。

で、まあこれでもう一つ驚くことがありましてね。
ハードなMを自負してる僕にはあるまじきことなんですけどね。
沸々とある感情が沸き上がってきちまったんですよ。

ああああ、ちょっ、ちょっかいだしてやりてぇよぉ

その子、Real灯花を見ているとね。
そんな小学生男子の心理みたいな感情がね、沸いてくるんです。
たぶん、頭ん中でマジに灯花とその女がゴッチャになっちゃたんでしょうね……
灯火はよく主人公にいじられるキャラですから。
いやー、我ながら恐ろしいぜ


あ、で、結局どうなった?、って。
とりあえず流れのお陰でメルアドはゲッツできましたよ、ふふふ。
今回ばかりは、軟派なアキバ系の友人に感謝です。

そんなこんなで僕の休暇はこれにて終了。
いい目の保養ができたことに、Real灯花に感謝しつつ
本格的に受験勉強に挑もうと思います。

んじゃ、バイニー☆
今度からは本当に更新が週一、二になりますので!w
スポンサーサイト

| 雑記 | 23:21 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

受験ブログらしく参考書レビュー

他の人の受験ブログを見て思いましたが……
僕の書いてるのは受験ブログとは言えないね。
ただの公開オナニーだからなぁ。いやいや困った。

ということで、ちょっくら参考書レビューみたいなものをしようかな、と
『お前の偏差値じゃ当てになんねーよ、バーカ』
なんて声が聞こえてきそうですがね。
でも、書かないことにはきっとアクセス数も伸びませんし……

まあ、本当はエロゲーのレビューとか書きたいんだけどねー
そうそう、最近新しく『車輪の国、向日葵の少女』ってエロゲー買ったのですよ。
ここんとこ卒業旅行やら何やらで時間が取れず、滞ってたんですけどね。
ようやく今日二章まで終わりました。

うん……いいねぇ、姉妹愛
回想の瑠璃子お姉さまもロリロリなSで可愛いし……
Mっ気の強い僕にとっちゃあ、もうそれだけで大満足ですたい。
っとここだけ聞くと、あんたはこのゲームをどうしようもない
萌えゲーのように感じるかもしれないが(車輪の国風)
それは違うぜ?

もちろん『萌え』はあります。
でも、そりゃあくまで現代社会に揉まれ荒んだ心の一種の清涼剤であって
それ以上もそれ以下もありません。
例えるなら……うーん、そうですねぇ
テレビでいうCMのようなものでしょうか。
作品を作る上で無くてはならんもの。
テレビのCMの場合、それがスポンサーからのお金となりますが
エロゲー、もといビジュアルノベルの中の『萌え』は……信頼かな。
お金が無ければ、テレビの番組は作れない。
同様に、信頼が無ければエロゲー、もといビジュアルノベルは作れないのです。

じゃあ、その信頼って何なのか?
エロゲー購入者には、大きく分けて二ついると思うのですが
まず一つは、純粋に物語、作品を鑑賞しようとして買う者。
そしてもう一つは、エロゲーを荒んだ心の清涼剤、人生のサプリメントとして買う者。
つまりその後者の方々は、『萌えられる』という信頼を買うんですよ。

うーん、わかりにくいなぁ、何と言ったら良いのかなぁ……
つまり、どうしてエロゲーに『萌え』要素がいるかと言うと
エロゲーには、人生のサプリメントとしての目的があるから、と
……わかんない。伝わらないな……これじゃ
すんません、僕の文章が稚拙なばかりに……
まあ、いいや。
まだまだ、萌えを語るにゃ若すぎた、という結論でお願いします。



さて、参考書レビューです。
……と言っても、そこまで参考書に手を出したこと無いので
ただ、いままで自分の使ってたものの紹介というものになってしまいますが……
まあ、これで日東駒専レベルは受かりました。
目指してる方がおられましたら、そこそこ参考になるんじゃないかな。

<英語>

ターゲット1900
言わずと知れた受験生のバイブル。
でも、最近はシスタンやら速単やら単語王におされてるらしいです。
あと、あまり参考にならないかもしれませんが
センター試験~日東駒専レベルでしたら、始めの1500で充分だと思います。
まあ、あくまで主観ですけど……というか僕もそこまでしかやってませんw

STRATEGY(Z会出版)
周りが英頻(桐原の英語問題総演習の略)使ってる中、自分だけがコレ使ってましたw
個人的には見やすくてわかりやすくて好みなんですが
僕が落ちて英頻使ってる連中が受かったところからして、まあ……
あまり良い参考書とは言えないんじゃないでしょうかね。
ただ、本当に見やすいですよ。
俺は効率よりビジュアルだぜ、っていうアウトローな方にはオススメかもw

英文法ファイナル問題集~標準編~(桐原)
受験2週間前に2週した参考書。
落ちた自分が言うのも何ですが、コレでグイッと文法が伸びた。いや、安定しました。
Gマーチレベル受ける方々なら、直前期にやらなきゃ損ですね。
早慶レベルなら、その上の難関校編を


っと英語はコレくらいかな。
え?長文はどうしたかって?
長文は学校の問題と河合のテキストをひたすら復習してました。あと、もちろん赤本も。
英語は苦手でしたけど、最終的には偏差値35→51、2まで行きましたので
あながち間違っちゃいない、かなーと(汗)
あ、偏差値低い?低いね

<国語>

ステップアップノート10 漢文 句形ドリルと演習 (河合出版)
ステップアップノート30 古典文法基礎ドリル(河合出版)
これはイイ!たぶん僕の紹介できる参考書の中で一番効果があるかも。
特に漢文はこれ以外いらない、と思います。これで格段に読めるようになりましたから。
早稲田は知らないけどw
まあ、その他の私大ならこの参考書を隅から隅まで覚えれば、大丈夫でしょう。
と、言い切ってしまうのは危ないですねw
良い参考書だって事に止めておきます。演習も怠らぬように。
あと、ちなみに僕はセンター後、この漢文の参考書をやりましたw
それからでも、何とか一冊は仕上がりましたので
まあ漢文は舐めてかかっていいんじゃないかなw

読んで見て覚える 重要古文単語315(河合出版)
学校で配られたヤツです。
というかこれ以外古文単語帳はしらんので、何とも言えません。
使っていた感想としては、悪くないです。
なんだかんだで、ビジュアルで覚えると頭に残るもんですから。


あとは、英語と同じようにひたすら河合のテキストと学校の問題を復習です。
国語は、偏差値60~65くらいありましたので、英語よりは参考になるかと。
それと、現代文のテクニックを生意気にも言っちゃいますと(言えるほどの成績じゃないけどね)
文章に触れることだと思います。
小説、岩波の新書、ライトノベ……ルもセーフかな、それともちろんビジュアルノ(ry
まあ、要するに本読むことを好きになりゃいいんです。
そうすりゃ現代文の成績は嫌でも上がります。


と、今日はここまでにしときましょうか。
次回は日本史の参考書レビューかな。
まあ、落ちたくせに生意気書いてますが、どうかお許しをw

| 受験 | 17:37 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とりあえずの自己紹介

こんにちわ。春原ひかると言います。
今年思いっきり滑って、こうして浪人することになりました。
あんまり自己紹介と言っても、することなどありませんので、手短に済ませてしまいます。
どうせ身内とSNSで知り合った方々くらいしか、このブログ読んでいないと思うので……

まず受験生としてのスペックを

センター試験
英語 146(筆記144、リス38)
国語 154(評論50、小説46、古文40、漢文18)
日本史 77


合格校
東洋大学(センター利用)
二松学舎大学(センター利用)

不合格校(すべて個別)
早稲田大学文学部
早稲田大学教育学部 国語国文学科
学習院大学文学部 日本文学科
明治大学文学部
法政大学文学部 日本文学科



と見ての通り、ボロボロの私大文系です。
どっかの都市伝説で、センターで日東駒専を取れたら個別でマーチはとれる
なんてのがありましたが、大嘘ですね。

でも、学部選ばなきゃ、取れたかなぁ……
……あー、やめよう。そういう考えは良くないですね。
後悔ってヤツは、引きずりますから。そのうち動けなくさせられてしまいますもの。


あとは、僕自身に対しての自己紹介ですが……
うーん、どうしようかなぁ
100の質問とか用意しておいたら楽だったんだろうけど、時間かかるし面倒だからいいやw
とりあえず、過去SNSに載っけてた日記をそのまま載っけちゃうんで
それ見て、僕がどれくらいあどけない少女の裸体を愛し、二次元を尊んでいるのか感じてくださいw
何だか、過去を遡って日記を書くのもおかしな気もしますけどね。

あ、あと過去の日記の画像は云々、の部分は適当に脳内で保管をしておいてください。
ああ、きっとそこには、幼い少女のあられもない姿があるのだろうなぁ
なんて妄想をしつつ、見ていただければ結構です。
どうして貼れないのかは、国のお偉い方にでも聞いてください。
ま、僕も肖像権と著作権についてだけなら、政府の対応には賛成ですよ。
児童ポルノについては、言うまでもなく大反対ですけど。

それと最後に更新のペースですけど。
んー、大体週一、二くらいを予定しています。
日曜と、たまに水曜も更新を考えてたり。
まあ、どうなるかはわかりません。
無性に一人が恋しくなったりしたら、きっと毎日更新しますし、その逆も然りです。
ネタが無かったら無理に書かないと思います。
一応受験生ですからw

んじゃ、バイニー☆

| 自己紹介 | 18:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いわゆる卒業旅行

4泊5日の長い旅も終わり。
こうして家に帰って思い出すのは何とも切ないですねえ。
もう二度、こうしてみんなで会うこともないかもしれない……
切ない、切ないよねえ。
あんまりにも当たり前ですけど、人間は孤独なんですよ。
こうしていくら仲良くても、僕らは他人であって、同じレールを歩くことは決し
てないんです。
僕みたいに浪人するヤツもいれば、早稲田も東北も慶應も武蔵工も千葉もいて…

 
そうそう、それに関連してるんですが、最後の夜に海に行ったんですよ。
午前0時。
砂浜には僕ら7人以外に誰もいなくてね。
ただ月と海だけが黙って僕らを見守ってて……
そこで友人が叫んだんですよ
『これからバラバラになっても、みんなそれぞれ最後まで走り抜けるぞ』
ってね。
そして、僕らは走りましたよ。
雄叫びを上げて、どこまでも行ってやる気持ちで。
どこの青春ドラマだよ、って思うかもしれませんけどね。
実際やってみるとグッと来るもんですよ。
夜の海と人の血は化学反応を起こすんでしょうね(笑)
血中で青春汁が爆発するんですよ。
冗談抜きで。
 
……
ふう……
疲れが……
毎日ほぼ徹夜をすりゃ、体も疲れますね

| 雑記 | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【SS⑥】ああ、妹は柔らかい

生き急いでいるのか。
誰に問うわけでもなく、僕は呟いた。
もちろん、僕の呟きに机の上の蛍光灯が反応するわけもない。
相も変わらず機械的な光をぶつけてくるだけだ。
生き急いでるのだろうか。
今度は自分の胸に聞いてみる。
ゆっくりと頷いたような気がした。
自分ではわかっているのだ。
自分自身が空回りしてしまうほど、生き急いでいる事に。
僕は簡単な話、自分に自信がない。
だから、自分が自分であるための証明を、ただ僕は求めているのだと思う。
自分という人間はとっかえが効く。
そう思ってしまうと、どうにも体が怠くなる。
だってそうだろ?だったら、別に『僕』が生きている意味がないではないか。
鈴木も田中もできることが、僕にもできて何になる?
『僕は足し算が出来ます』と胸を張って言う馬鹿がどこにいる?

「お兄ちゃん?」
真後ろから声がした。
咄嗟にポエムを書いた紙を覆い隠す。
「な、何だよ。ノックしろっていっただろ!」
「したよ、でもお兄ちゃん返事しなかったよ?」
ぷく、と妹は頬を膨らます。
思い切り怒鳴りつけたい気分だったが、なかなか可愛らしいから困る。
「また太宰ごっこ?」
机に広げられたポエムを見て、妹はにたつく。
一度、妹に本気の詩を読ませてさし上げてから、コレだ。
たしか、自分は仮面を被ってしか人間関係を築けないとかどうとか。
それはそれは、高尚な貴詩(文学的な価値のある非常に貴重な詩の略)であった。
しかし、妹の猿にも劣る感性には、刺激一つなかったらしい。
その結果がこの様である。
「太宰ごっこではない、執筆だ」
「僕が生きている意味はない、って。プププ」
「見るなってのに!」
「あたし、お兄ちゃんの書く文章好きだよ」
「嘘を付くな、顔が笑ってるぞ」
ふう、と溜め息をつく。
どうせ、コイツがいては書くことはできない。
仕方なく僕は紙を畳む。。
「で、何しにきたんだよ?」
「心配だったの。大学受験失敗してから、お兄ちゃん太宰ごっこ始めるし」
笑顔は消えて、トーンを落とした声で言う。
「何も心配することないさ。死ぬときゃ、東尋坊か富士の樹海だ。ここで首吊って死んだりなんかしない」
「良かった」
妹はぱあ、と明るい笑顔になる。
正直、何が良かったんだかわからない。
死ぬことについては否定してないじゃないか。
……まあ、近いうちに死ぬつもりなんて、ほとんどないから関係ないのだが。
「あとね、あとね」
そんな出だしから妹の学校での話が始まった。
さして面白くもなく、とりとめもない話。
心配してたなんてのは口実で、ただ単に学校での話を聞いて欲しかっただけじゃないか。
そう思うと、笑みが零れた。
何というのか、コイツは幸せだ。
ただ人と話すだけで、こんなにも楽しそうなんだから。
幸せなんて、そこら中に転がってるんだろう。
「なあ、妹よ」
話のちょっとした合間を狙って言葉を挟む。
妹は、不思議そうな顔をして僕の二の句を待っている。
「お前はどうしてそんなにも楽しそうなんだ?」
「楽しそうって?んー、お兄ちゃんと話してるからかな」
「それは……つまり話すこと事が好きなのか?」
ん?と一瞬首を傾げて、ふるふると妹は首を振る。
「ううん。お兄ちゃんが好きなんだよ」
恥ずかしげもなく、さらりとそう言った。
もう、何と言って良いのやら……
自分の頬が赤くなるのを感じてしまう。
「お父さんでもお母さんでもない、宮ちゃんでもせっちゃんでもない、お兄ちゃんと話すのが好きなの」
反応が薄い僕に向かって、妹は尚も言う。
どうやら、僕はものすごい勘違いをしていたらしい。
僕は他でもないこの愛くるしい妹の兄なのだ。
自分が自分である証明など、それで充分じゃないか。
この愛くるしい妹の兄など、この僕以外に替えなどきかない。
鈴木も田中も佐藤も、この可愛らしい妹の兄はつとまらないのだ。
何を生き急いでいたのかわからなくなる。
自分の求めていたものは、こんなにも近くにあるなんて。
「……ありがとう。こんな俺の妹でいてくれて」
そう言って、僕は妹を抱き締めた。
ああ、妹は柔らかい。

| 小説 | 00:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風当たりの強い世の中

子供の「性」商品化に歯止めをのニュース、について
(残念ながらリンク切れてましたorz)

反対反対断固反対!
国の偉い人らには理解できないんでしょうけどね。
少女の裸体ってのは性的欲求を満たすモノ(つまりオカズ)というより、一種の『芸術』なんですよ。
穢れを知らない肌理の細かな柔肌。
ひっそりと控えめに佇む双丘。
春を待つ桃色の蕾。
丘の上につー、とまっすぐに引かれる一本線。
そこに思わず頬ずりをしたくなるほどに柔らかい若草が、少しくらい茂っていても良い。
むしろ僕はそのくらいがこ(ry
これを芸術と言わず何と言いますか?
 
たしかに、美意識というのは人それぞれなのかもしれません。
でも、少なくとも僕にとって少女の裸体は地球上の何よりも美しいんです。
いや、僕だけじゃない。少女偏愛者なんてそれこそ星の数ほどいるでしょう。
それが証明してるんです。
少女の裸体は美しい、少女の裸体は芸術だと。
僕はね、悔しいですよ。
こんなにも美しいものを胸を張って美しいと言えない事が!
そして政府は挙げ句の果てには、こんなにも美しいものを鑑賞するだけで罪にしてしまおうとする……
これを言論統制と言わず、何と言いますか!
共産主義は悪だと決めつけ罪のない人々を虐殺した、戦前と何ら変わりない
これは間違いなく言論弾圧です!
 
っと、ギャグのつもりが結構マジに……
でも、美しいものを美しいと思うのが罪にされるなんておかしな話ですよね。
まあ、これが可決された日にゃ
三島みたいに国会前でハラキリしてやりますよ!(彼は自衛隊駐屯基地だっけ)
ってこういう事書くと、通報されるからあくまでジョークということで(笑)
まあデモくらいには間違いなく参加しますよ!
ロリコンの皆さん!共に戦いましょうね!

| 雑記 | 01:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セカンドインパクト

四谷大塚といえば大手中学受験予備校ですが
なんとそこから今日郵便で求人が来たのですよ!
他でもない僕に!
 
『講師をやりませんか?』
 
って。
なんでもOBやOGを講師に招くことで、若き情熱を取り込みたいそうで……
ちなみに話の流れでわかると思いますが
僕は小学校の頃、ココの生徒だったんです。
まあ、僕の四谷の記憶といえば、鉛筆転がして後ろの子のパンツを見ていた記憶しかありませんけどね。
あの目が眩むほどの純白パンツは、今でもありありと瞼の裏に浮かびますよ。毎日見てましたから!(笑えない)
もちろん、こんな絶好の機会を僕が見逃せるはずはありません。
早速、電話の一本でもしてやろうと詳しく読んでみると……
 
『応募資格:大学生』
 
……(´・ω・`)
いやまあ、考えてみれば当たり前だよね……
誰も浪人生なんて欲しがりませんもん……
というか、俺が失敗したか成功したかくらい……
そんくらい調べとくのが礼儀ってものだろ、四谷さんよお!
せっかくこっちが講師になって小学生の女児と戯れることを夢想したっていうのにさあ!
禁断の恋に落ちて、あどけない少女のサンクチュアリに僕のエクスカリバーを突き刺す妄想をしたっていうのにさあ!
返せよ!妄想に使った時間と頬がにやけた分のカロリーを!
そんでもって払いやがれ!裏切られた時の精神的苦痛による慰謝料を!
ああもう!こんな絶好の機会を逃すとはロリコン失格だよ、僕は!

……痛々しい……
でも頼むから引かないで!ロリコンは病気なんです!

| 雑記 | 01:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三次元なんていらねえ

ああ!
ひとはたんひとはたんひとはたんひとはたん
この溢れくる衝動、止めどない愛情、そして、何と狂おしい二次元への渇望。
ああ!ああっああっあっ!
ひとはたん、ひとはたん。
何て愛おしいんだ、ひとはたん……
ああっ!君は僕をどこまでおかしくしたら気が済むんだ。

今日なんて君の夢を見たんだよ。
君のほっぺたを触る夢。
柔らかいなんて言葉じゃ言い表せない、指がいうことを効かなくなるくらいの柔らかさ。
僕はその頬を触りながら、味わったこともない快感に満たされたよ……
幸せ。それが幸せってヤツなのかもしれないなんて思ったんだ。
 
でも
夢から覚めれば、僕の隣には誰もいない……
……切ない、切な過ぎるよ!
どうして君はこの次元にいないんだ!
考えてみれば、ロミオとジュリエットなんて悲劇でもなんでもない。
だって、彼らは同じ世界に生きているんだよ?
同じ空の下、同じ太陽を見、同じ星空の下、愛を語り合うことができるんだよ……
でも、僕とひとはたんは違うんだ!
越えようもない次元の壁が僕らを隔ててしまってるんだ……
なんて、なんて世界は残酷なんだっ!
ああああああああ
 
僕はね、ひとはたん。
萌えっていうのは、行き場のない愛の事を言うんだと思うんだ。
決して越えることのできない次元の壁にぶつかり、ただただ彷徨う愛。
そんなどうしようもなく悲しい感情が『萌え』だと思うんだ。
だから、僕は今日もひとはたんに萌え続けるよ。
いつかその壁を越えるため、この愛を君に届けるために!

ということで『みつどもえ4巻』発売です。
せっかくこんな痛々しいポエムを読んじまったわけですから、是非とも皆さん『みつどもえ』を買ってくださいね!

| 雑記 | 01:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。