ロリでオタでも

旧名・ロリでオタでも早稲田を目指す

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ある休日のオナニー

まず初めにこんなクソ浪人が、大層な事を言うことを許して欲しい。
何を言ってるんだ、と思われるかもしれない。
発言に見合う地位を僕は持っていないわけだから。
でも、僕はこの気持ちを記しておきたい。
誰のためでもなく、自分自身のために。


僕は小説を書くのが好きだった。
人生が上手くいかないことを、そこに箱庭を作ることで自分自身を慰めた。
それは何もかもが思い通りになる、僕だけの理想郷だった。

完全な世界ではない。
僕には当然スキルが足りないからね。
でも、たしかに世界はあったんだ。
だからその頭に浮かぶ世界を、僕はキーボードに打ち付けることで現実世界に生むことができた。

そこには情熱があった。
それで社会に認められようだなんて、無謀な事を思っていた。
自慰の果てに社会的地位がある。
んな馬鹿げた事なんてあるわけがないのに、僕は妄信的にそれを信じて突き進んだ。
認められたかった。
誰も彼もを見返してやりたかったんだ。
そのために僕はキーボードを闇雲に叩き続けた。

それは、幸せな人々を羨むゆえの反骨心だったか。
そうだろう。そういう負の感情もあったのかもしれない。
でも、それ以上に箱庭を作っていくことに快感があったのだ。

現実が上手くいかなければいかないほど、人を羨めば羨むほど、その楽しさは増していった。
アホみたいに書いたんだ。
内容もアホみたいだった。
表現も、何もかもアホだった。
両親が見たら、泣きたくなるくらいアホだった。
でも、楽しくて仕方がなかった。
時に自分に酔い、悦に浸るのがまたどうしようもなく気持ちが良かった。

最初はがむしゃらに書いても、形になっていた。
才能があるとか無いとかでなく、情熱が無理にその形を作らせていた。
それは人為的なものでも何でもなく、世の絶対の法則なのだとも思った。
そして、創作することの楽しさもまたスパイスになったのだろう。
僕の小説は内容はどうであれ、自分自身には納得のいくものだった。


だが
情熱は消え失せたのだ。
他でもない『あの子』のせいで。
僕のキーボードを打つ手は止まってしまった。

彼女は魅力的だった。
僕がどんな四苦八苦して言葉を用い表現しようとも、まるで足下に及ばないほど
彼女は魅力的だったのだ。
そして、そんな彼女を見ることは僕にとって何にも勝る喜びだった。
さらに、言葉を交わすことは僕の喜びの概念すら破壊した。
そうなれば、そこに創作の生まれる余地はない。
自分の頭で描く理想郷よりも、彼女のいる現実世界を僕は選んでしまったのだ。

けれど
それは果たして幸せなのだろうか。
僕は彼女の事を考えるとき、文字通りすべての事を忘れられる。
受験の辛さ、人間関係、嫉妬心、将来への不安、何もかも……
そして、その代わり抱えようもない甘く切ない恋心を胸に点らせる。
恋心は幸せを生み、荒んだ心を癒してくれる。
でも、それで良いのだろうか。

僕は自分に絶望している。
曲がりなりにも夢だったものが、たった1人の女性に対する片思いで潰えてしまうのだ。
自分はそんな脆弱な意志しか持っていなかったのか、と絶望したくもなるだろう!

ああ、本当に僕はどうすれば良いのだ……
あと2日しかないと言うのに!
スポンサーサイト

| 雑記 | 15:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本の核武装化は必要不可欠

※あくまで素人意見です

どうやら中国とのガス田開発問題は上手く話がまとまったようですねぇ。
福田さんが必死にチベット問題でも中国を養護し
過度なまでに中国寄りの外交を行った賜と言えます。

福田政権、万歳!

たしかに実際の利権は日本8、中国2であったとしても
双方の不毛な言い争いばかりで
せっかくあるガス田からまったくもって利益を得ることのできなかった0よりは
5:5でも良くやったと言えましょう。
というか、今の日本じゃこれが限度ですよ。
たまには、福田さんを手放しで褒めてあげましょ。
尻尾を振るだけの軟弱外交。
それが今の日本にできるたった1つの外交手法でありますから……


まあ、こんな外交じゃ後々立ち行かなくなるのは、目に見えてますけどねぇ
今はまだ日本は経済大国して、各国に強い影響を及ぼすことができますけれど
皆様の知っての通り、日本の衰退は必至でありますから。
立場がどんどん弱くなるのは、火を見るよりも明らかでございます。

経済がなければ、武力もない、資源もない、そんな超弱国であります。
漬け込まれないわけがありません。
不利な外交をさせられ、骨の髄まで搾取される日本……
そんな日本の姿、僕は見たくはありません!

そのためのであると思うんです。
北朝鮮の外交を見ればわかりますが、核兵器とは今や1つの外交のカードであります。
金もなく、民は餓え、確たる技術もない
そんな北朝鮮が一丁前のでかい口を叩いて、諸外国に様々な有利な条件を提示できるのは
ひとえにのお陰だと思うんです。

喩えるならば、ナイフを持ち歩くチンピラのようなものでしょう。
大して身体を鍛えもしないナヨナヨなチンピラであっても、ナイフを持ち歩けば怖い物です。
いくら彼が肉体的に弱かろうと、そのナイフで人の命を奪うことができるんですからね。

憲法九条とは、もはや絵空事のような条約です。
平和で国力のある時代であったから言うことのできた、冗談のようなものでしょう。
商人は金で用心棒を雇い自分の身を守り、戦士は武器でもって自分自身を守ります。
しかし、その両方がない場合、何で自分の身を守れと言うのでしょう?

これから先、どんどん国力の弱る日本がまともな外交を行うには武器、つまり核が必要です。
武器を持たない旅人を襲わぬ盗賊はどこにもいないのですから。

| 雑記 | 20:48 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第一回河合塾全統記述模試 結果

orz
いくらあまりの成績の悪さに、耐え難い羞恥を感じようとも
仮にも受験ブログであるので、こういう報告は不可欠でありますね。
今回は本当に酷い。
現役がほぼノー勉状態であるというのに、あまりに酷い。


英語  59.4
国語  57.5
日本史 69.5

総合  62.1



判定
早稲田  文      E
     文構      E
     教育      D
上智  文 日文   D
同志社 文 日文   C
学習院 文 日文   B
明治  文       D
中央  人文 国文  B
法政  文  日文  B



さよなら僕の青い鳥。
限りなく遠いよ……早稲田

今年は去年のように天王山でピクニックなんてしません。
天王山で討ち死にする覚悟です!
夏よ、早く来い。
とりあえず夏までエr

| 受験 | 19:15 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

OH! please please cure me ERIN

あんまりにも超個人的な事は書きたくなかったんです。
でもね、でも。
これを書かないのもどうかと思うんです。
リアルに会った人にも、何か変だぞ、コイツなんて思われたくないですし

実はね、病気に掛かってしまったんです。
エボラ出血熱、ラッサ熱、結核……
そんなモノと並び称される重病に。
毎日苦しくて溜まりません。
頭もボーッとしてしまいます。
それでいて、どこか気持ちが良くて……
甘くって、切なくって

え?何の病気かですって?
そりゃあ……

恋の病に決まってるじゃないですか!


可愛い、な。
最初はその程度でした。
それとなく顔を盗み見て、ほんの少し心が温かくなって
ちょっと予備校楽しいかな、ってそう思える程度だったんです。

でも、声掛けちゃったんです。
軽い気持ちです。
顔を見るだけで幸せならば、声を掛けたらどんなに幸せになれるだろうかって。
人間にありがちな欲の連鎖の結果。
それが甘かったんです。
幸せ?おいおい、お前よ、お前だよ、お前、この日記を書いてるお前、ハルハラ!
冗談は顔だけにしとけよ。

つんつん、と僕はいつも1人でいる彼女の肩をつつきます。
すると、彼女はビクリと2、3cm跳ねて……可愛いよねぇ、こういう動作。
恐る恐ると僕の方を振り返って……
そんな顔されたから、当然僕は怖じ気付きます。
小心者です、臆病者です、情けないです。
『あ、あのっ……あの』
どこぞの萌えキャラのようにドモル僕。
声はいつもの3オクターブは高くって、キモチワルイのここに極まり。
『この前のT先生の授業休んじゃって、次やるとこわからなくて』
でもようやく二の句が継げると、彼女は微笑んでくれました。
その笑顔で僕は叫びたくなりました。
世界の中心を無理矢理自分のとこに持ってきて愛を叫びたくなりました。
可愛い、とかそんな感想よりも好きが前に来るんです。
わかります?
可愛いなんてのは客観性が僅かでも残る感想なんて、的を得ちゃくれないんですよ。
『貸してください』
そう言って、彼女は僕の持つテキストを手に取って……


……それから今日の今日まで、こうして日記を書いてるまでの記憶があまりに曖昧です。
授業だって、まともに受けられやしません。
ずっと彼女との二、三言の会話を反芻して、頭ん中はほわほわです。

受験なんてどうでもいい、日本なんてどうでもいいアメリカの属国のままだっていい。
彼女と仲良くなれさえすれば、彼女といられさえすれば、他は何もいらない。
そんなありがちな思考に陥って。
でも、何にもできない自分自身に胸が苦しくなって
本当に苦しくて、苦しくて……
1日が終わるたびに、また数時間彼女の顔を拝めないのかと思って、溜め息をついて

嬉しかったのは、声を掛けたその1日だけでした。
結局はこうして彼女に精神を犯されて……
ああ、どうせ犯すなら身体にして欲しいです。
思考を全部支配されるだなんて、いくらドMを謳う僕であっても辛いです。

家に帰れば、二、三言を擦り切れたカセットテープみたいにまた繰り返して、繰り返して……
どうやって次は話しかけようか、と何度も何度もレクチャーして
ヒトカラでは『OH MY LITTLE GIRL』を何十回も歌いに歌って
一緒にカラオケなんて行けるわけないのに、何度も何度も歌って

教室で彼女を見ると苦しいんです。
もう好き過ぎて好き過ぎて、ダメなんです、見てると辛いんです。
何で苦しいのかわかりません。
これ以上、声を掛けられない自分への自己嫌悪かと思えば、そうでもない気がするんです。
そもそも理由なんてあるんでしょうか?
でも、また彼女に声を掛けられれば、苦しみが軽くなるのはわかるんです。
そして、その後またこうして、いやこれ以上に苦しくなるのも同時にわかってしまうんです……

僕は馬鹿なのでしょうね。
勉強をするために予備校に行っているというのに
こんなことに現を抜かしてしまうなんて、誰がどう見ても馬鹿なんです。

でも、人を好きになることに理由がないのだとすれば
恋に落ちる場所を選ぶこともできないのではないですか?

明日は土曜日……
ああ、苦しいよ、どうして2日も会えないんだ!
会って顔を見ても苦しいけれど、こうしてまた彼女に会えないのはそれ以上に苦しい!

うあああ!恋は八方塞がりで、袋小路です!
どっちに転んでも苦しいなんて……神様はあまりに酷であります!

助けてえーりん!

| 雑記 | 18:38 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我が愛おしの大胸筋

僕は自分の顔と身長と頭とが大嫌いでありますが
つまり自分という人間のほとんどが嫌いなのですが
そんな僕にも自分自身の中で、好きな所があったんですよ。

大胸筋と上腕二頭筋

大好きだった。
褒められることなんてまずない自分の、唯一褒められた部分でしたから。
温泉に入れば、見ず知らずの人にだって
『兄ちゃん、良い身体してんな、グヘヘ』
など言われ、気持ち悪いなと思いつつもやっぱり少し嬉しかったんです。
褒められて嬉しくない人間などいません。

なのに最近の僕の大胸筋と来たら……
不甲斐ないっ!実に不甲斐ないぞっ!
垂れてただの贅肉ではないかっ!

上腕二頭筋にしてもそう。
出産後の妊婦の二の腕みたいに、プニプニしやがって……
もはや汚点ですよ、汚点。

改善しようと思い、ジムに通うも週一じゃ成果は得られず……
リアル亀仙人と仲良くベンチなんてできねーよ、インストラクターさんよおw

筋肉とは誠実な恋人のようだと思う。
放っておけば臍を曲げ、どんどん離れていくが
構ってやればやるほど、すり寄ってくるわけでもなく
適度に突き放しつつ、しかし定期的に間を空けずに接してやれば、必ず振り向いてくれる……
それゆえ、仲良くなるには時間が掛かる。

でも、彼女は決して裏切らない。
どんなどうしようもない男にだって、マナーさえ守れば絶対振り向いてくれる。
だから、僕は筋肉が大好きなんだ。

しかし、構ってあげる時間がないのも事実……
ああ、大胸筋よ、上腕二頭筋よ、許しておくれ。
会う時間こそ少ないが、僕は君たちをとてもとても愛しているんだ。
だから、だから……僕から離れていかないでおくれよ……


別の意味でキモチワルイ日記でした。
ナルシールナシーナナリー万歳!

| 雑記 | 01:01 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彼女よりも妹が欲しい

妹欲しいです。
前々から欲しくて欲しくて溜まらなかったのですが
某友人の話を聞いてたら、ますます欲しくなりました。
この気持ち爆発しそうです……ああっ!

僕が帰るとね、帰るとね。
お行儀悪く椅子に体操座りで座ってるんです。
瑞々しく形の良い唇には、チョコレートポッキーがくわえられ
リビングのテーブルには、流行のティーンズ雑誌が広げられていて
ダイエット記事を読んでいるくせに、ポッキーをくわえちゃってるのがまたまた可愛くて。
その事を指摘してやると
『っさいわね!明日からやるのよっ!』
っと言いながら、僕に雑誌を投げつけてくる。

年齢は中二かな、うん中二がいいなぁ。
んで、普段ツンツンしてるくせに、実はお兄ちゃんの事が好きで好きで溜まらなくて……
自分の胸が無いことを真剣に悩んでいて……
揉むといいよ、なんて適当な事言ってやると
2、3日口を聞いてくれなくなったりして

頭を撫でると
『こ、子供扱いしないでよっ!』
っと、ツンツンするくせに、特に抵抗はみせなくて
次第に飼い猫みたいに、気持ちよさそうに目を細めて
髪の手触りは柔らかくて、すべすべしてて、もちろん枝毛なんて一つもなくて
まさに良質な絹糸のようで、シャンプーの匂いが心地よくて……

バレンタインの日は未だに本命のチョコを、僕に渡しちゃったりなんかして
台詞はもちろんお約束の
『ぎ、義理チョコなんだから!馬鹿兄貴!』
目の下に隈なんて作っちゃって、その努力が痛いほどわかっちゃって
美味しいよ、なんて言ってやると、顔を真っ赤にしながら再び
『だ、だから義理チョコなんだから!勘違いしないでよ!エロ兄貴!』
なんて言っちゃって、そんな台詞にもちろん僕の顔はニヤニヤしっぱなしで
『ああもうっ!何で笑ってるのよっ!』
って言いつつ、妹は僕に殴りかかるんだ。
その打撃が痛気持ちくて、痛気持ちくて

浪人である僕のために、夜中はコーヒーなんて作っちゃったりして
『ついでだから』
って言いつつ、不味そうにコーヒーを飲む妹が可愛くて可愛くて
もうたまらなくなって、その柔肌にキスすると
最初は抵抗するんだけど、次第におとなしくなって
舌を入れてやれば、口の中は本当に灼熱のように熱くって……
適当なところで唇は外してやると、熱っぽい瞳で僕を見つめて
『もっと……して』
って恥ずかしがりながらも、さらに求めてきて……


ハアハア……ハアハア……
痛々しくてごめんなさい……
ああ、でも羨ましい。
世界のお兄さま方、すべてが羨ましい。
どうか僕の代わりに皆様、その幸せを謳歌してくださいまし……
それが、妹を持ちたくても持てぬ者の唯一の願いであります。

| 雑記 | 22:38 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

例にもよってウダウダと

他人の幸せを見ていて、正直不安だったんだ。
自分も夢(大学受験とは他の)が叶った時に、ああも幸せを感じられるのかって。
でも、どうやら自分は酷い思い違いをしていたのだと、ある友人の絵を見て気が付いた。

そして、同時に今まで他人を羨んでいた自分を鼻で笑った。
とても単純であり、自明なことでもあるのだけれど
しかしだからこそ、わかっていても認識するのは難しい
幸せは人それぞれなのだ、という
その当たり前のことを、改めてその友人の絵は教えてくれた。

いやいや何を大袈裟な、と思うかもしれない。
僕だって浪人して、こんな環境に立たされていなければ
こうも心を打たれなかったと思う。

その絵には、これから歩き出そうとする力があった。
自分の夢はこれなのだ!、と胸を張る
その作者の心意気がありありと浮かんでいた。
それは他人の幸せを羨んでばかりで
自分の幸せの形を見失いつつあった僕の目を覚ますのには、充分過ぎる力があった。

結局、幸せってのは椅子取りゲームなのだと思う。
限られた幸せという椅子を世の人々は必死になって取り合う、それが人生だ。
当然、世のすべての人達が座れるだけの椅子はない。
あぶれた人間は、その座る者を恨めしげに眺め、席が空くのを今か今かと待っている。

しかし、ご存じだろうか?
実はその椅子作れてしまうのだ。

幸せはその椅子取りゲーム的な要素を持つと同時に、究極の自己満足でもある。
つまりだ。
裏を返せば、何もその社会から与えられた幸せの椅子で無くても良いわけだ。
そこら辺に落ちているダンボール箱であろうと、充分椅子になりうる。
立っている者からすれば
そのダンボールを椅子の代わりに使う輩は、随分みすぼらしく見えることだろう。
しかし、座っている当の本人は快適なのだ。

僕は誰もが羨むような幸せを、獲たいわけじゃない。
そんなダンボールのような、僕なりの僕だけの幸せを獲たいのだ。




と、あんまり書くネタもないので一丁。
大袈裟ではなくとかではなく、とか言ってるけど、少し大袈裟だったりしますw

それでも実際、ある友人の絵には多かれ少なかれ刺激されましたわ。
夢を追うってイイね!
人の後ろ姿ばかり追っかけて、忘れていた物を思い出しましたよ。

自分もガチで叶えたい夢があるからなぁ……
それに、あと10年もしないで死ぬつもりだしさぁ
大学なんて行かないで、いっそのこと進学への道を断って
背水の陣で夢にまで走った方が、良い気がするんだよなぁ。

いやまあ、80%冗談ですけどね。
そんな勇気有馬記念。
きっと長々と70歳くらいまで生きちゃうんだろうなぁ。
その頃まで世界があれば、の話ですけどw

まだまだ青い僕でしたっ!

| 雑記 | 19:30 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コードギアス 反逆のルルーシュ 批評感想

いやはや見てしまいましたよ、全話。
昨日だけで何話見たかなぁw
15話くらいみたかもしれないw

そんなこんなのクズ浪人。
早速、せっかく見たのだからと感想と批評をしていこうと思います。
大事なのは、アウトプットだと思うんですよ。
受け取るだけでは、何も得られませんから。

ニュースでも何でもそうですよ。
どうして、大衆。ってこんなガキが言う台詞でもないですけど……
どうして大衆は、流される情報を何の考えも無しに鵜呑みにするんですか!
そうして、マスコミの考えを鵜呑みにした人間が
あたかも自分の考えのように世の中を語りますか?
もう見てられないよ。
考えろ、って。
日本を世界をさ。
自分とは関係ないとか、シャッターを下ろす前に。

これはもう個人的な意見だけれど。
本当に地球はヤバイよ。
あと10年とか、下手したら4、5年で終わっちゃうよ?
なのに何なんだよ、日本はさ。
下らないバライティーやクイズ番組をダラダラ流して。
昨日もうちは外食で……寿司なんか食べて……
僕は祖母から恥ずかしながら、小遣いをもらい。
平和も平和。
でも、何の冗談でもなく、僕が寿司食っている間にアフリカでは何人も死んでて。
世界に対する恨みや妬みは、今にも容器を破壊せんばかりに溜まっていって……
テロリストは核を獲るため、縦横無尽に世界を暗躍し……
幕は今にも下りそうなのに、何で僕らはこんなに呑気なの?

妄想乙。
何とでも言え。
でもね、みんなの持つ『自分は大丈夫』の主観を外して考えてご覧よ。
可能性はいくらだってあると思うんだ。
しかもそれは結構な高確率で。

僕はときどき怖くなることがあるんだ。
政府はマスコミは、僕ら大衆に一体どれくらいのことを隠しているのか、って。
もしかしたら、今秘密裏に政治家達は核シェルターに潜っているのかもしれないよ。
そして、この記事を書いた30秒後に東京に核ミサイル直撃……
こりゃさすがにないだろうけど
でも、普通に考えたら、政府やマスコミが本当に大事なことは隠すでしょう?
混乱を避けるため、何より自分と自分の家族が生きるために。

なのにマスコミの流す報道を、大衆は鵜呑みにしますか!
危険ですよ、危険。
今はいいかもしれないけど、間違いなく裏切られるよ。

と、生意気生意気。
落ち着いて、打たないで、罵らないで、ね?
あ、やっぱ罵るのは可。ただし、C.V釘宮理恵限定w

ただ、僕はどうしようもなく日本が好きなんです。
愛してます、釘宮理恵様の次辺りに。
だから憂うんです。愛ゆえなんです。
何もできないクズ浪人ですけど
こうやって考えを暴露したって、どうにもならないのは知っていますけど
僕は日本人の一人として、考える一本の葦であり続けたい。

長くなったからもういいやw
コードギアス 反逆のルルーシュの批評感想は後日。
ではノシ

| レビュー | 13:22 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

再会

あー今日は良い日でした。
こんな風に毎日友人とだべって過ごせれば、幸せなのになぁ。
思考がマイナスになるわけでもなく、人を羨むことなく、真っ直ぐ歩いていけるのに。

失って初めて気付く、幸せかな。
とても月並みですけどね。
当たり前の中に幸せってやつあ、隠されてるんですよ。
改めて、高校の頃は良い環境にいたんだと思いました。

ホントに今日は楽しかったです。
あんなに人と話すのは久しぶりだったから、ちょっと浮かれていたかもしれませんけど。
だ、大丈夫だよね?今日の僕はウザクなかったよね?w

あ、それより驚いたのは、みんなの勉強時間の多さ。
このままでは、早稲田に手が届かないことを痛感しますた。
ヒトカラなんてやってる場合じゃねぇって。
週2回に増やそうとした自分を鞭で打っていいですよ、お姉様。
まあ、でも週1の娯楽は外すの難しいな……
しかし、こんな根性では到底早稲田は受からない……
何というオルターネイティブorz

今日はこんなとこ?
特に今日という日に不満はないので、これくらいしか書けませんね。
いつも以上に纏まりのない日記でごめんなさい。
そして、いつも以上に個人的な日記でごめんなさい。

| 雑記 | 00:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第一回河合塾全統マーク模試 結果

受験ブログらしい記事を書くのは、久しぶりですね。
梅雨に入り、心にまで雨が染みてくる毎日、皆様いかがお過ごしでしょうか?
僕ですか?んー、最近のトレンドはコードギアスですかね。

段々と自分がロリでもオタでも、なくなりつつありまして。
アニメでも見ないと不安でしょうがなくてねぇ。
所謂アイデンティティクライシスってヤツですか、いやー恐い恐いw

んでもって、見てるわけです、コードギアス。
しかし、期待に反して萌え要素0ですわ。
正直、燃えはいらねー。荒んだ心を癒す萌えが欲しい。

となると、エロゲーだよなぁ。
あーエロゲーやりてぇ、エロゲーやりてぇよぉ。
え?ラノベはどうかって?
ラノベ。ラノベねぇ。
そういや最近ラノベも買ってないなぁ。
強いて言えば、森見さんくらい?あれってラノベというのでせうかねぇ
たしかに萌えはありますが、挿絵無いしなぁ。

それにしても、森見さんにはちょっとガッカリ。
普段、文庫本しか買わない俺様が
大枚叩いて単行本の『夜は短し歩けよ乙女』を買ったんですよ。

CA330016.jpg


僕はすでに、『太陽の塔』『四畳半神話大系』を読んで、すっかり彼の虜になっていたのですけど。
まあ、だからわざわざ高い金出して買ったんですけどね……
しかし、正直今作は……んーでしたね。
いや、悪くはないんですよ。
仮にも天下の森見登美彦さん
そりゃもうエンタメとしては、ほんっっっっっっとに素晴らしい。
素晴らしい、素晴らしいんだけど。
前作と比べると、ねぇ。

まず、萌えを狙いすぎ。
新たな顧客の獲得に乗り出したのか知らないが、やめてくれと言いたい。
あのあくまでも爽やかな萌え、ごく自然に生まれた萌え、が個人的には大好きだったのに。
おともだちパンチは百歩譲って許す
でも緋鯉を背負って学園祭を闊歩するとこで、ドクターストップ白タオルババンですわ。
いやいや、あんたはラノベ作家かと、違うだろと。

『太陽の塔』は本当に素晴らしかったと思う。
本の表紙からも滲み出るあの童貞臭。
主人公の灰色の青春と対照的に描かれる、美しい京都の町並み。
そして、知的で硬派な文章なのに、笑いを誘う品のある文章。

それが今作に無いとは言いません。
しかし、明らかに薄れた。
そして、それを『萌え』で補おうとした。

『四畳半』もまた良かった。
明石さんには最高に萌えた。
もちぐまんと蛾のシーンに悶絶しない人間は、人間失格。
太宰先生の後を追い、玉川上水に入水することを強く勧めますわ。
本当に明石さんは良いよ。あれこそ爽やかな萌え。

でも、今回のヒロインの……あれ?名前なんだっけ?
黒髪の乙女でいいや。黒髪の乙女ね。
それには、爽やかな萌えがないんですよ。
どう考えても作為的な萌え。
別にそれが悪いとは言いませんよ。
エロゲじゃ作為的じゃない萌え、なんてありませんもの、にははぶいっ。

ただ、僕はそれを森見さんの小説でやって欲しくなかった。
その作為的な萌えは、森見さんの小説にある、たしかな品を崩してしまったように思うんです。

と、長くなりすぎたな書評。
しかも相変わらず、生意気。
ま、ガキのつまらん戯言みたいなモノだ、と思ってくださいな。
大人でもいるじゃないですか、自分の失敗を棚に上げ社会を批判するヤツが。
それと同じですよ。
自分じゃ何もできないくせに、批判してどういうわけか悦に浸る。
くー人間ちいせぇー




はい、ようやく本題。
マーク模試が返って来ました。
結果は以下の通り

※すべて偏差値

英語   61.3
国語   64.1
日本史  73.4
総合   66.6


CA330017.jpg


そして
判定へと視線を移します。

早稲田大学文学部……G
いくら病的に馬鹿な自分でも、E以降の英字は見たことがありませんでした。
たしかにEの後ろはG。
小学生でもわかるアルファベットの語順。
だから、それに習うとするならば、僕はE判定よりさらに後ろにいるわけで……
もう大学受験を諦めろって意味だろうか、なんて思って裏を見ると……
おわかりの方もいらっしゃるでしょう?
完全にマークミスでしたわ。
なぜかセンター出しにしていた自分に乾杯。

第一志望をまさかのマークミスでおじゃんにし
第二志望から下へと目を移して行きます。

早稲田大学 文化構想学部  C
早稲田大学 教育学部 国語国文  B


以下 マーチ関関同立

同志社大学 文学部 国文個別  A
上智大学 文学部 国文学科  B
学習院大学 文学部 日本語日本文学科  A
明治大学 文学部  B


以下 センター利用大

法政大学 文学部 日本文  C
中央大学 人文 国文  B



現役時よりは大分マシですね、今のAのとこがEかDでしたからw
とりあえず学習院は尻の穴と首を洗って待ってろよ!w
土下座しても入ってやらないくらいになってやるからなっ!

あ、あと脱mixiします。
今日は何だか盛りだくさんで、ごめんなさい

| 受験 | 20:21 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

筆に随う

『友達なんてどうして作るのさ!』
そんな今頃メンヘラ女子中学生でも、言わなそうな台詞を
真面目に吐いていた時期が自分にもありました。

一時期、ホントに人間関係を煩わしく思っていた時期がありまして
少しでも相手が自分を良く思ってないと感じたら、本気で落ち込んでしまったり……
とにかく、他人の視線に臆病でおどおどしてて……
もうそうなると、どうにも人と話してても面白くなくて……
ただただ疲れるだけで、気怠くて……
他人の評価ばかりが気になって、自分自身で自分を評価できなくて……
でも、嫌われるのは嫌だから痛々しくも笑って誤魔化して……

今ではまだマシかなぁ。
入らない物は切り捨てるだけの強さが、自分には生まれたと思います。
別に自分に自信が付いたわけでも、ましてや人間を嫌いになったわけではないけど。
ただ自分本意に生きられるようになったかなぁ、と。
要するに、エゴイスティックになったというわけですけどw

結局、人に情けを掛けるのも、友人を作ることも、恋人を作ることも
自分が楽しく過ごせるための手段でしかない、と思うわけです。
だから、それを通じて自分が不幸になるのだとしたら、本末転倒なんですよ。
人間関係に悩むこと自体が間違いなんです。
悩むくらいの人間関係なんて、捨ててしまえば良いのです!

と、浪人会のメンバーでジムに行ったら思ったこと。
いやー、負け犬同士で傷を舐め合うのは最高ですわ。
過ごしやすいったらありゃしない。



追記

釘宮理恵様
遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。
愛してます。
あなたが愛してくださらなくても、僕は心の底から愛してます。
あなたが僕を一言罵ってくだされば、来世はアメーバでもボルボックスでも構いません。
それにしても、日本はおかしな国でありますね。
どうして5月30日は祝日ではないのでしょう?
あなたの誕生日は、国民一丸となって祝うのが常でありましょうに。
ガソリン税、児ポ改悪、年金問題……etc
そんなことより先に政府はすることあるでしょう?

| 雑記 | 01:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。