FC2ブログ

ロリでオタでも

旧名・ロリでオタでも早稲田を目指す

PREV | HOME | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【SS】群像

落ち葉がなめくじに見えた。
夜10時、信号待ちの横断歩道。
発光ダイオードの粒々に目を奪われながら、僕はぼんやりと昼間のことを思い出した。
鳩に餌をあげる浮浪者のこと。
彼が菓子パンを千切って傍らに置くと、どこからともなく鳩が舞い降りてきた。それも大量に。
それらは、まるで薄汚い絨毯のようだった。
鳩は平和の象徴なんて言葉があるが、その時僕は確信したのだ。
その言葉を残したヤツは、実物の鳩を見たことがないのだと。
我先に群がるその姿からは、平和など微塵も感じられない。あるのは生への強い強い執着。
彼らは実に逞しく、同時に寸分でも目に留めておきたくないほどに、汚らしい存在だった。
それではなぜ、思い出すほどにその光景が焼き付いてしまったのか。
それは浮浪者の隣にいた若い男女のせいだった。
いや、正確に言うならばその若い男女と浮浪者、2つの間の『何か』だ。
その何かに僕は強く引き付けられ、また僕は生まれて初めて、今この光景を目に焼き付けておかなくてはならない、と思った。
それは大袈裟に言うなら、世の理不尽を体現化していたと言って良い。
毎日が楽しくて仕方がないと言うように、笑い合う若い男女。
気怠げに菓子パンを千切り、骨の髄まで貧困が染みついた浮浪者。
そのコントラストは実に絶妙で、若い男女がその場を去るまで僕はずっとその光景を見続けていた。
そんなことを思い出しているうちに、信号が青に変わった。僕はゆっくりと横断歩道を渡る。
渡りながら、もう1つ僕は昼間のことを思い出した。
本屋で見た杖をついた老人のこと。
時代小説か何かを探しているのか、僕の前をのろのろと老人は通り過ぎていった。
僕は何故だかそのついた杖を、足で払いたくて堪らなかった。
それを払っただけで老人がバランスを崩し転倒することを考えると、実に愉快に思えてならなかったのだ。
その気持ちは数時間たった今も変わらない。
老人が転倒したから、何があると言うわけではないのだが。
横断歩道を渡り終わり、住宅街の続く暗い路地を歩く。街灯がポツポツと頼りなげに道路を照らしている。
時々、家々から漏れ出る石鹸の匂いが、心地よく鼻を撫でる。その石鹸を使っている人間を想像して、僕は僅かに股間を膨らませた。
ふと、赤い三角コーンが目に留まった。さらにその先に、工事中であることを示す看板を見つけた。
しかし、時間が時間なので工事をしている人の姿は見あたらない。たしかに、こんな時間に住宅街で工事をやった日には大顰蹙である。
僕は何気なくその三角コーンを握りしめた。そして持ち上げる。案外軽く、何とか片手で振り回せるくらいの重さだった。
「ぴぴるぴるぴる……」
自然と僕は呟いていた。
「ぴぴるぴー」
声が次第に大きくなってくる。
「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴー!!」
その声はいつの間にか、大声と言って差し支えのないものになってきた。
「何でもできちゃうバット~♪エスカリボールグ~♪」
両手で思いっきり三角コーンを握りしめ、電信柱に一撃を加えた。ボゴォンと予想外に大きな音が出る。
「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴー!!ぴぴるぴるぴるぴぴるぴー!!」
ほとんど叫び声だった。この世界に風穴を開けてやりたかった。
寂しくて、不公平で、汚いこの世界にでっかい風穴を開けてやりたかった。
「魔法の擬音で人生やり直してあげる~♪」
再び三角コーンを振る。さっきよりもさらに力を入れて、電信柱を倒す勢いで。
バカォンと住宅街にヒビを入れるくらい大きな音を立てて、三角コーンは形の悪いユリの花のように裂けた。
僕は息を付いた。それから、代わりの三角コーンを探すべく辺りを見回した。
ちょうど警官2人が遠くから、自転車に乗って走ってくるのが見えた。僕は黙ってそれを見続けた。
「ちょっと聞きたいことがあるんだけど、いいかな?」
警官の顔は、沢村一樹にそっくりだった。




もうなんか意味わからない。
散歩してる最中に、無性に書きたくなっちゃいましてね。
いつも通りつまらなくてごめんなさい。
もうほとんど尿意ですね、耐えられないでしょ、なかなかさ。

そうそう、この前めちゃくちゃ沢村一樹に似た警官に職務質問されたんですよ。
物腰も柔らかで笑顔も爽やかで見るからに優しそうで……
ってまあね、職務質問するくらいだから、その警官は僕を不審者と疑ってるんでしょうけれどw
そんなこと少しも感じさせないんですよねー

そんなこんなでセンターから立ち直ったハルハラでした。
ヒトカラほど効く薬はありませんねーw
スポンサーサイト

| 小説 | 00:57 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

クソフイタwww自重しるw
河合塾で声だしそうになったw
老人の杖でニヤッとして
ぴぴるぴーで死んだwww
テラシュールwwwww

| うっぽー | 2009/01/20 10:07 | URL |

あんまりソワソワしないで… お願いだから…

俺も、チャリの盗難容疑で何回も止められた事あるよ。 職質は、その都度対象の年齢と身長が決まってるから、しばらくは呼び止められるかもだな…

| てらっそ | 2009/01/20 12:09 | URL |

ルルティエ乙wwwww
チェリー君とハルハラは気があいそうだなw

| USB | 2009/01/20 12:25 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/01/20 18:34 | |

はじめまして

はじめまして。
今回、僕たちは「みんなの受験体験記」
(PC)http://juken.ac?af=5
(携帯)http://m.juken.ac?af=5
という、大学受験を目指す人に向けたサイトを立ち上げました。(現在会員登録でニンテンドーDSやマックカードが当たるキャンペーン中です。)

このサイトでは、全国の数多くの大学の合格・不合格を含む「受験体験記」を通しての、過去の受験生の体験談や、「勉強日記」、「大学掲示板」を通しての受験生同士のつながり、そういった受験に関する、縦と横のつながりの場を提供することによって、受験生の大学選び、受験勉強をサポートできるようなサイトを目指しています。
現在、日々ユーザーが増えてきており、だんだんと充実したサイトになってきていると感じています。

最近追加された新機能「部活」(モバイル限定)では、受験勉強から日常の些細な出来事まで様々な部活が用意されています。好きな部活に入部してほかのユーザとう交流をしてみてください。

そろそろ高校2年生も本格的に受験勉強を始める時期だと思います。高校2年生限定のコミュニティもあります。
http://m.juken.ac/community/detail/community_id/32
同じ高校2年生同士、励まし合いながら受験勉強をがんばってみてはどうでしょうか。


さらに多くのユーザーに使って頂き、本サイトをさらに受験生にとって価値あるものにしていきたいと考えています。
よかったら、使ってみてください。

また、使いづらい箇所などの指摘、他にも「こんな機能、こんなコンテンツがほしい」などの感想や意見があれば、
教えていただけると今後の参考になり、とてもありがたいです。


現在会員登録でニンテンドーDSやマックカードが当たるキャンペーン中です。
よろしくお願いします。
「みんなの受験体験記」

PC版
http://juken.ac/?af=5
携帯版
http://m.juken.ac/?af=5
みんなの受験体験記運営チーム

| ひろりん | 2009/01/21 12:26 | URL |

返信

>うっぽー
ぴぴるぴるぴるぴぴるぴーw
もう、センター終わってからなんかおかしいです

>てらっそ
撲殺天使~♪
日によって基準みたいなのがあるんだー
いやいや、勉強になります
そういや、自転車は特に職質されやすいらしいね。
盗難車が多いとかで……

>USB
桜君には俺も及びませんですww
とりあえず、サバトちゃん萌えw
というか、ぶっちゃけ釘宮なら何でも(ry

>社の隈さん
楽しんでもらえて嬉しいですw
都会って窮屈ですよね。叫びたくても叫ぶスペースありませんし……キ○ガイみたいに暴れ回りたくても簡単に通報されますし……
はあ、真夜中の海に行きたい……

あー、わかるっす。
試験だからこそ高まる集中力! なんてものが僕も今年はまったく無かったです。
問題が問題なんですかね……文法なんて今までで一番酷かったですし……前日に詰め込んだのに……

東大頑張ってください
自分も早稲田に向かって、あと1ヶ月死ぬ気で頑張りますので!
共に春を迎えませう

>ひろりんさん
えーと、これはあれかな……
俺がそのサイトに登録するまで延々と宣伝し続けるのかな……

| ハルハラ | 2009/01/22 01:01 | URL |















非公開コメント

http://rorihara.blog46.fc2.com/tb.php/224-d3b1c001

QLOOKアクセス解析

PREV | HOME | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。