ロリでオタでも

旧名・ロリでオタでも早稲田を目指す

PREV | HOME | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

善き人のためのソナタ レビュー

『たまには映画でも見ようよぉ、Kぇ~』
とせがまれたので、映画を借りて見ることに……
誰にって?
妹?だったらいいねっ!
残念ながら母ですよ、母。

普段、僕を罵るのといびるのが趣味のSっ気溢れる母上ですけれど
かといって、放って置かれるのは嫌みたいでして……
まあ、こうして時折誘ってくるわけです。
所謂ツンデレですか?可愛くネーヨバカヤロウ

ホントは一刻も早く買ってきた『G線上の魔王(エロゲ)』をやりたかったわけですけれど
『せっかくKと見るために借りてきたのにな……』
なんて口を尖らせながら悲しい顔をされると、慈悲の心が少なからず沸いてきてしまうわけでして
親孝行も兼ねて、見てやることにしたんです。




いやー面白かったです『善き人のためのソナタ』

自由な創作活動の許されない芸術家達の苦悩
国家への忠誠と人への情けの間で揺れるヴィスラー
大きく分けると、その2つ主人公のお話なんですけど

もうね、1つ1つが上手いんです。
こう線上に綺麗に伏線が結ばれてましてね。
綻びってヤツが少しも見あたらないんですよ。

ラストシーンでは思わず涙が出てしまいましたね……
アレで報われたとは言えないのかもしれないですけど
でも、きっと彼は自分の選択が正しかったのだと、それによって胸を張れたに違いない。
そう思うと、暖かい涙がいつの間にか零れてましてね。
それがまた役者が巧いんだよなぁ、特に主役のハゲがさ。
演技で人を泣かすってのは、まさにアレなんですよね。

まあ、唯一ある大事な部分が腑に落ちなかったりするのですけれど
ああ……でも…いやありゃどうやっても納得いかないなぁ……
でも、それにさえ目を瞑れば、これほど心を打つ映画も珍しいです。

って言っても、映画を語れるほど映画を見ていないですけどねw
改めて小説ばっか読んでないで、映画も見ようと思いマスタ。

要はバランスですよ。
小説も読み、エロゲもし、漫画も読み、映画も見、エロゲもし(大事なことなので二度言いました)
そうして初めて『目』が養われるのだと思います。
豊に生きるためには娯楽は必要不可欠です。
娯楽とは価値観の拡大だと、僕は思うんですね。

とりあえず、皆さんも是非時間があれば見てくださいな。
僕の稚拙な批評で、少しでも興味を持たれた方
見ても絶対損はないですよ、きっと誰かが保証しますw

あと母さん……
セックスシーンやセックスという単語が出てくる度に鼻で笑うのは止めてください……
ただでさえ気まずいのにさ……
新手の羞恥プレイかよ、チキショー
スポンサーサイト

| レビュー | 01:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://rorihara.blog46.fc2.com/tb.php/68-bd17567f

QLOOKアクセス解析

PREV | HOME | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。